Ghostの食品館/センベロ隊長調査記録

大阪ミナミを中心に、痛風にも負けず、安さとうまさを追求した飲みバカ一代
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
 2005、06年の年末に、大震災で甚大な被害を受けた東北地域を青春18きっぷで旅行しました。

 その模様をmixiで「リアルタイム旅行日記」として、逐次写真も使いアップしていきました。今のツイッターみたいな感じです。

 元気だった東北の記録を残すべく、また記憶にしっかりとどめるよう、当時の日記をここに再掲していきます。

 ※東北に関係ない日記は省略している部分もあります。
 ※写真は携帯で撮影したもので、ピンボケやブレが多数あります。

~~~~~~~~~~

3―1 定刻発車 2005年12月28日06:20

05-3-01.jpg

能代0553
レ    221D(5=乗車可2)
岩館0633


 きょうの能代の朝は風平穏で雪は降らず。五能線の一番列車は定時にやってきた。おそらく…とは思っていたが、乗客は私ひとり。でも5両編成。改札前で待っているとドアが開かない。前2両しか乗れないようで、あわてて前へ。線路から巻き上げられた雪で窓から景色が見えない…。(能代駅の向かいのホーム)

3―2 海岸沿いを走る 2005年12月28日07:20

05-3-02.jpg

岩館0648
レ    521D(2)
艫作0731


 夜が明けてきて、海沿いを走っていることを確認。白波と雪が重なり波打ち際を消している。

3―3 強行突破 2005年12月28日09:43

05-3-03.jpg

1名様がズバリ展開を読み切っていた? 不老ふ死温泉は内湯もある。税務上は「文筆業」の端くれである。取材しなくてどうするんだ? 車を回してもらい温泉へ。

3―4 寂しい景色 2005年12月28日09:56

05-3-04.jpg

自慢の海岸露天風呂はごらんの通り。

3―5 青森・不老ふ死温泉 2005年12月28日10:12

05-3-05.jpg

何も言われなかったのだが、本来は本館しか入れなかったはずなのに新館に入る。内湯にも小さい露天風呂があり、日本海を一望できる。ただ、あまりにも寒すぎて2分で退散。

3―6 内湯からも絶景 2005年12月28日10:16

05-3-06.jpg

もちろん内湯からも日本海を一望できる。確かに今度は夕日のときに来たくなる。

3―7 いい景色がつづく 2005年12月28日11:02

05-3-07.jpg

艫作0930+6
レ    2523D(4=2は鯵ヶ沢から乗車可)
五所川原1123


 ひたすら海岸沿いを走る。高波で運休することもある五能線だが、確かに波をかぶりそう。

3―8 一転、真っ白 2005年12月28日11:17

05-3-08.jpg
鰺ケ沢を過ぎて内陸に入るどまた風雪。何も見えない。

3―9 ストーブ列車 2005年12月28日11:42

05-3-09.jpg

五所川原1135
レ    津軽鉄道ストーブ列車
金木1200


 五所川原で津軽鉄道に乗り換える。車内では早くも干物を焼く匂いが。古い客車で窓枠は木製。隙間から雪が入ってくる。たくさん写している人はカメラマンか。

3―10 珍しい 2005年12月28日12:13

05-3-10.jpg

金木1205

五所川原1225


 津軽鉄道では車内できっぷを買うと、今では珍しい穴を開けるタイプだった。金木駅ではタブレット交換もあったが、惜しくも写真は撮れず

3―11 五所川原駅前 2005年12月28日12:54

05-3-11.jpg
 ええ名前の食堂である。

3―12 雪は降り続く 2005年12月28日13:30

05-3-12.jpg

五所川原1311+14
レ    829D(2)
弘前1358+11


 雪のため、どうしても遅れる。とてもホームでは待てず、みんな跨線橋で待っている。

3―13 復旧していた花輪線 2005年12月28日15:01

05-3-13.jpg

弘前1456+4
レ    656D(2)
大館1538+8


 弘前には11分遅れで到着。朝の情報では花輪線が倒木で遅れていたのだが、駅員に聞くと、動いているとのこと。これ次第で方角が変わるのだが、動いていれば行くのみ。6県6湯、残るは秋田。

3―14 予定変更 2005年12月28日17:54

05-3-14.jpg

大館1600+25
レ     1936D
大滝温泉1617+19


 当初の予定では湯瀬温泉にいくはずだったが、おくれているので大滝温泉に変更した。理由は…
◆次の列車の遅れが読めず、もし小さな駅だと寒さをしのぐことができない
◆時刻表を見るかぎり次の大館1720発は折り返しではない。
◆大館からの最初の待ち合わせ駅は大滝温泉で、たとえ下りが遅れても大滝温泉で待機する可能性が高く、外で待たされる可能性は低い

というわけで、下車駅を変更。

3―15 秋田・大滝温泉 2005年12月28日18:01

05-3-15.jpg

 駅を出て信号を右に曲がってしばらく行くと大滝温泉「湯夢湯夢の湯」。湯につかったのはわずか10分ほどだったが、続々と地元の人が入ってくる。200円という値段なら近くの人は通うだろう。小さいながら露天風呂もある。

3―16 最後の目標へ 2005年12月28日18:07

05-3-17.jpg

大滝温泉1737+20

盛岡2030


 少々イカサマも含まれるが「6県6湯」はすべて回ることができた。これから最後の仕上げである盛岡到着へ。何時になるのか…。

3―17 約束の地へ 2005年12月28日22:56

 行き違いなどで余裕を持ってダイヤを組んでいるのか、盛岡には定時着。これで新幹線が止まらない限り大井競馬場へ行くことができる。

~~~~~~~~~~

 この後、東北新幹線で東京に向かい、大井競馬場の東京大賞典と平塚競輪場の競輪GPを観戦して帰りました。

~~~~~~~~~~

 この度の東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

 この件について哀悼の意を示すとともに、1人でも多く助かるよう、また1日でも早く復興することを願っております。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shokuhinkan.blog75.fc2.com/tb.php/1018-dec00c46
この記事へのトラックバック