Ghostの食品館/センベロ隊長調査記録

大阪ミナミを中心に、痛風にも負けず、安さとうまさを追求した飲みバカ一代
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 2005、06年の年末に、大震災で甚大な被害を受けた東北地域を青春18きっぷで旅行しました。

 その模様をmixiで「リアルタイム旅行日記」として、逐次写真も使いアップしていきました。今のツイッターみたいな感じです。

 元気だった東北の記録を残すべく、また記憶にしっかりとどめるよう、当時の日記をここに再掲していきます。

 ※東北に関係ない日記は省略している部分もあります。
 ※写真は携帯で撮影したもので、ピンボケやブレが多数あります。
 ※【】付き説明のある写真は、「リアルタイム旅行日記」とは別のアルバムに掲載した写真で、車窓からデジカメにて撮影。以前の三陸等の写真を追加しています。

~~~~~~~~~~

4-1 再び三陸へ 2006年12月28日08:57

05-4-01.jpg

鉛温泉0756
  レ岩手県交通バス
花巻0828


 きょうの釜石線は平常通り運転しているもよう。

4-2 ケンジサンな 2006年12月28日10:15

05-4-02.jpg

 方々が、たくさん降りていった。もちろん、私は降りるはずがない。天候は小雨。

4-3 釜 石 駅 2006年12月28日11:47

05-4-03.jpg

花巻0912
  レ快3621Dはまゆり1(3両)
釜石1104


 駅前には何もない。市街地は少し離れているようだ。

釜石駅前の風景。さすが鉄の町
【釜石駅前の風景。さすが鉄の町】

4-4 なんて読むんだ? 2006年12月28日13:12

05-4-04.jpg

釜石1210
  レ三陸鉄道5214D(1両)
盛1259


 盛駅待合にて。

三陸の車窓1
【三陸の車窓1】

三陸の車窓2
【三陸の車窓2】

三陸の車窓3
【三陸の車窓3】

三陸の車窓4
【三陸の車窓4】

三陸の車窓5。このように、三陸には無名の小さな港もたくさんある
【三陸の車窓5。このように、三陸には無名の小さな港もたくさんある】

4-5 やっと宮城県 2006年12月28日14:23

05-4-05.jpg

盛1317
  レ3336D(2両)
気仙沼1416

 岩手県はデカかった。それにしても、えらい暑いです。

気仙沼の港の入り口。
【気仙沼の港の入り口】

4-6 海の市 2006年12月28日15:28

05-4-06.jpg

 補助券6枚で抽選1回。

4-7 結果は… 2006年12月28日15:29

05-4-07.jpg

 いわゆる末等。まっとうな結果で。

4-8 内陸部へ 2006年12月28日15:55

05-4-08.jpg

 仙台へ、快速で一直線。とはいっても、2時間半かかる。

駅のまん前が砂浜の大谷海岸。
【駅のまん前が砂浜の大谷海岸。この警告看板の通りに、どれだけの方が避難できたのだろうか…】

4-9 ここから先 2006年12月28日18:37

05-4-09.jpg

気仙沼1550
  レ快3922D南三陸4(3両+小牛田で1両増結)
仙台1814


 新幹線で東京に…は、向かわないのよねえ~。

4-10 山形に 2006年12月28日20:28

05-4-10.jpg

仙台1837
  レ3849M(4両)
山形1950


 雪になりそうな雨。気温も下がってきている。

4-11 忘れ物を 2006年12月28日21:58

05-4-11.jpg

山形2042
  レ454M(2両)
高畠2119


 取りにきました。

4-12 山形・高畠/太陽館 2006年12月28日22:25

05-4-12.jpg

 ほっとゆだと同じように、駅構内にある町営温泉。これで、昨年入れなかった山形の温泉も制覇。

4-13 やっぱり降ってきた 2006年12月28日23:12

05-4-13.jpg

高畠2209
  レ456M(2両)
米沢2221

 米沢駅前には何もない。けっこう強い雪が降り始めた。あす早朝の新幹線で東京へ向かうが、とりあえずは平常通り運転してほしいものだ。

~~~~~~~~~~

 翌日、2005年と同じように東京へ向かい、大井競馬場の東京大賞典を観戦し、帰りました。

~~~~~~~~~~

 自身の体調が良くなかったこともあり、1週間ほど飲み歩きを控えておりました。

 その1週間分の飲み歩き代相当を日本赤十字社に届けました。

img015.jpg

 この度の東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

 この件について哀悼の意を示すとともに、1人でも多く助かるよう、また1日でも早く復興することを願っております。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shokuhinkan.blog75.fc2.com/tb.php/1020-f6e169f3
この記事へのトラックバック