Ghostの食品館/センベロ隊長調査記録

大阪ミナミを中心に、痛風にも負けず、安さとうまさを追求した飲みバカ一代
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
(スタートはこちらです)
 
 東京遠征編第2日夜・6軒目(通算20軒目)

 立呑亭 帆立屋でうまいポテトサラダに喜んだ一行。

2001外
 外に出ると…

2002雪
 雪が積もり始めていた。

 帆立屋から数十歩で着いてしまう

2003店前
 三兵酒店に、2日連続で行きました。

   ▼
   ▼きょうも同じ顔が(笑)
   ▼
 きょうは先客が8人ほど。そのうち、きのうも見た人が数人(笑)。メニューは前回を参照してください。

2004ビール
 前日と同じくサッポロラガー(410円)で、2日通算で20回目の乾杯!

2007わさび豆
 もうわさび豆(50円)以外は食う気がせん…。

2005ワイン1
 同行者はこのポスターが気になっていて、

2006ワイン2
 ホットワイン(350円)に挑戦。

 新年会で飲んだホットワインとは違い、普通のワインを温めたみたい。一緒についてきた角砂糖を入れるとまろやかになりました。

2008チューハイ1
 ここでチューハイ=320円)を頼むと、このコダマサワーという謎の瓶が出てくる。そして、グラスにもコダマサワーの文字。

2009チューハイ2
 自分で割るのだが、先の写真のグラスを見てもわかるように、焼酎の分量が多い。氷が解けてくれるまで、かなり濃いチューハイでした。

 関西ではチューハイを頼むと最初から全部が混ざった完成品が来るのだが、東京ではこのようにチューハイを頼むと焼酎のグラスと味のついた炭酸を持ってきて自分で調合する店がある。最初から完成品のチューハイは、メニューでサワーと表記されていることが多く、チューハイとサワーが併記されていることもあるので、はっきりと分別されているようだ。

 そして、この飲み方の典型がホッピー。だから、チューハイのホッピー味と考えて正解だった。関西で広まらないのは、この飲み方もひとつの要因なのかもしれない。

 などなど酔った頭で考えていたら、とある方が登場。さすが主です(笑)。

 ビールをもう1本飲んで合計1130円。いつの間にか閉店時間を過ぎていた。これだけ飲み歩いても、まだ2時間立ったままでいられる体力が残っていたのには驚いた(笑)。


 三兵酒店
東京都豊島区西池袋1-31-5
営業時間:15時~24時 日曜休み
 三兵酒店公認ファンサイト

 三兵酒店の全記事
調査・2009年3月3日22時05分

 最後までお読みいただきありがとうございました。
 お帰りの際は、ぜひこちらの2カ所にもお立ち寄りください。
   ▼         ▼

   banner_03.gif
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shokuhinkan.blog75.fc2.com/tb.php/299-b75a0016
この記事へのトラックバック