Ghostの食品館/センベロ隊長調査記録

大阪ミナミを中心に、痛風にも負けず、安さとうまさを追求した飲みバカ一代
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 赤垣屋を出た調査隊が次に向かったのは、新歌舞伎座の前を御堂筋からちょっと入ったところにある、

P1020153_20091006233600.jpg
 最近オープンした串皇という店。

 串カツ屋の出店スピードはすさまじく、ここ2~3年ですごく増えており、老舗を凌駕する勢い。しかし、ほとんどがブームに便乗した観光客を目当てした店で、その震源地である新世界周辺はひどい状況になっている。この店も外観からして「観光客」目当てと思える。

 しかし、我々はこの看板を見てしまった。

   ▼
   ▼どんな看板?
   ▼

P1020145_20091006233600.jpg
 ビールに串3本の「ほろ酔いセット」が600円。この値段なら試しに入ってみるか…。

P1020157_20091006233713.jpg
 (↑クリックで拡大)串カツの店は規模や客層を考えると、飲み物が少し高めに設定されているところが多い。

P1020156_20091006233715.jpg
 (↑クリックで拡大)なぜ串カツ屋に参鶏湯なんかあるんだ?

P1020159_20091006233600.jpg
 表の看板の「ほろ酔いセット」(600円)とこの煮込みホルモン(580円)を注文。串3本はてっきり選べるものだと思っていたら、どうやら決まっているらしい。

P1020154_20091006233600.jpg
 ビールが来て2度目の乾杯。ジョッキに隠れてしまっているが、ソースは2度づけお断りのやつです。「このキャベツがええな」と、同行者。串カツ屋でキャベツがタダなのは普通ですけど…。

P1020158_20091006233601.jpg
 煮込みホルモン。石焼きになっていてジュージュー鳴っている。ハチノスとかバラエティーに富んだホルモンを煮込んであるが、なんの工夫もしていないのか、かなり臭みがある。ちょっと厳しい。

P1020160_20091006233601.jpg
 串カツの写真を撮り忘れるというチョンボ(笑)。出てきた3本はレンコン、タケノコ、鶏モモ。看板に串の種類が書いていないのは、安いものから順に出すためだったのか。

 この店での単位ではビール450円+串260円の計710円で110円の得になる。飲み物は自由に選べビールが一番お得なのだが、ちなみに日本酒だったら350円なので、たった10円の得にしかならならず、割安感は低い。せめて串はメニュー上列からとか80・100・120円から1本ずつ選べるならいいが…。

 合計1780円=1人890円。どうも観光客目当てという印象が強い。カウンター10席ぐらい+座敷もあるのだが、金曜夜で客が5人程度というのは、何を物語っているのか?

 さて、次の店は…(続)。


 一見無遠慮度:★
(観光客目当てなら入りやすくて当然)
 費用対効果度:★ 
(セットが値段ほどのお得感がない…)
 また行こう度:★
(誰か連れていこうという気にならず)


 串カツと旨いもんだけの 串皇(くしおう)
 大阪市中央区難波3丁目7
 営業時間:不明

調査・2008年10月3日20時10分

 最後までお読みいただきありがとうございました。
banner_03.gif人気ブログランキングに登録しています。

 センベロ調査など日記更新への励みにもなりますので、1クリックの応援、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
←FC2ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shokuhinkan.blog75.fc2.com/tb.php/5-598e0b37
この記事へのトラックバック